忍者ブログ
Cirque du chat
独学で始めた球体関節人形の制作日記等 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今まさに私へ上陸中。

ハリケーンです。

〆切ギリギリに制作してた上へ

止ん事無き自体が降り掛かろうとしています。






まだ本当は決定事項では無いけれど

もしかして、展示の間際に引越があるかもです。

ずれ込んだとしてもどうせ展示に被ってきます。

制作スケジュールを2週間分くらいは詰める必要がありそう...



めげない(; ;)



今年の秋は10/3〜7の新宿眼科画廊で4人展。

11/24〜30の渋谷ルデコでグループ展と2回展示に参加します。






写真は11月の展示用少年の片割れ。
猫目の兄弟人形。

DM撮影が来月後半に入っているので先に進めています。


集中です。諦めたらそこで展示は終了ですよ。





PR





先日上げた赤髪の子、まだ身体の大半が型取りすら終わっていない。

でも今週は一日一型で進行しているから、来週には全部取れる計算。

でも今度はまた猫目少年人形(2体)に戻って

8月中に衣装を担当してくれる友達へ1体は送らなくてはいけない。

&、7月〜9月の三ヶ月で猫目少年と同サイズを1体

+赤毛ちゃんと同サイズを3体+α型抜き。


うふふふ...(狂)


詰まってきたぞ。


ブログをちゃんと書くことで自分の尻を叩く。









昨日髪貼りをして半日糊の乾燥。

今日ヘアカットをした新作。

と言いましてもコレは今ヘッドのみ。

展示に向けもろもろの事情によりヘッドだけでもと進めていました。



この真っ赤な髪は耐熱の化繊毛を使用。

耐熱と言っても人毛よりも耐熱温度は低いので注意が必要です。

チリチリになります。


モデリングキャストで複製して

このタイプの子は3人作る予定です。

ジンジャー(オカッパ)
ブリュネット(ロング)
ブルー?ホワイト?ピーチ?(三つ編み)

三人目のデザインがまだ未定です。

絵本みたいな、人形劇みたいな、劇的な連作にしたいので

色味は全体にパキッとした原色を用いたいと考えています。



ロングだと色っぽい?





散らかっていた部屋を軽く片付けていて

片付けているうちに人形用アイデアノートを

見返し始めてしまっていたのですが(片付けあるある)

たまに創作コンセプトを文章の走り書きで

書き留めておくことがあって、

いつかカタチにしようと思っていた落書きを発見しました。

すっかり忘れていたけど、今見ても

ア〜自分こういうの好きだよね、という話です。

自分で書いて自分で共感。

多分タイトルが【森の中に白雪姫はいない】?なのかな?




記憶に擦り込まれた物語の主人公たちが

私の腹を引き裂いて

溢れ出した

みんな走って行った 逃げて行った 

(パレードみたいに)自由になった 

おとぎ話はもう私の中には無かった

みんな出て行った みんな出て行った

私は醜くひらいた腹をそのままに

いつか戻ってくるかもしれない おとぎ話たちを待っていた

ぽっかりお腹のあいた私は そこでずっと待っていた




走り書きなので詩のようにまとめてはいないけれど

イメージが自分で思い出せる様なワードを

書いたようです。たしか

ラフ画みたいなのも描いた気がするんだけど...

この主人公は自分に夢を持てなくなった子なんでしょうかね。

現実を受け入れずに子供のままでいる事を選び

結果ひどく歪んだ姿と成り果ててしまったのでしょう。


いままでの人形にも全て物語はあります。

全く説明はしていないけれど。人形写真と合わせて

その人形の物語の漫画や文章をまとめられたら

オレトクですが楽しいかもしれません。








めずらしく月1以上ブログを書いている!

昨日から少年人形用の眼を作っています。

猫の兄弟をイメージしているので

瞳孔が縦の猫目を用意しなきゃなんですが、

売っているには売っている。

まず試しに猫の剥製用の義眼を入手。

グラスアイ専門の方が猫目を作っていらっしゃるのも

先日初めて行ったドールショーで見かけました。



しかし今作のテーマ「猫の兄弟」の一番重要な部分。

購入した物に頼っていいものか??


そう、猫と申しましても、耳やしっぽがあるわけでなく

イメージの話でして、テーマを伝えるのに瞳だけで表そうと

案を練っていたものですから、やはり自作で行くべき。



なかなかヘタクソな出来ですが愛着は湧きます。

ガラス半球の光の屈折?感や

手描きの眼とガラスの間に入った空気が出す反射部分が

粗悪な作りながらも単純に美しいだけではない

【眼差し】を演出してくれます。








半球って下の絵が膨張するので、実際より

だいぶ小さく描かなきゃなんです。

で、一生懸命いっぱい描いちゃうと意外にきれいじゃない。


何回か自作アイはチャレンジしていますが、まだまだ研究して

オリジナリティを極めたいです。




イベント参加報告が遅くなりましたが、

アーティズムマーケットにて出品しましたプチドール5体の内

2体に新しいお家が決まりました!

とても嬉しいのと同時に、照れ死にそうになりました。。。。





価格設定をず〜〜っと悩んでいて、

そのまま当日オープニングを迎えてしまい、しかも開場と同時に

お嬢様方がいらっしゃって下さりさらにテンパリパリ...


最終的に”もし人形店へ置いてもらえるなら(マージン込)”

という挑戦的な価格提示でお買い求めて頂けました。


先生へご相談した際、安売りはしない方がいいとおっしゃった

意味をくみ決めた価格です。


低価格でも私が良ければいい、という物でもなく、

人形一本で生きて行く他の作家様方もいらっしゃるわけで

相場というものも存在する世界。


材料費+α(アルファ)

α=人により価値が異なる部分。

計れないものに価値を見出せない人もいれば

そこにこそ意味があると感じる人もいる。



人形を作る上で、その計れない部分にどれだけ詰め込めるか、

そして詰めた分、観る方に同じ量の何かを感じ取ってもらえるか。

αの質量が双方釣り合ったときに初めて譲渡が成立する。

それが作家が作品を手放す際の一番理想なカタチではないでしょうか。


人形店で設定されている価格にはそういった価値を

認められているものなんだと思っています。

それを目指して今回初めての人形販売をさせて頂けたのは

とても良い経験になりました。



正直反省点ばかりです。

もっと手にした方に喜んで貰いたいし、

独占欲を産むような作品を作りたい。

もっともっと自分が手放し難い作品にしたい。

愛着と独占欲の駆け引き!(笑)

愛されないものを産むのは悲しく虚しいことですから。


次回10月にある展示に向けて制作中です。

次は展示だけかな??

販売するかは未定です。








新年も10日過ぎた頃にやっと重い腰が上がり始めました。

まずは来月、友人の結婚式に捧げるウェルカムドール制作です。


私なんかのでいいのかな〜〜(汗)

でもご指名頂いたので心を込めて、喜んでもらえるように...!


そんな気持ちで作っています。



贈り物という事で、ボックスも作って

飾れるモノにしようと構想中です。


紙製のブックスボックスを用意してカーテンなども付け

劇場風になったら楽しい!!

一応、LDEの熱くならない豆電球を買ってみたけど

スイッチとか電池の設置までやれるかは分からない。

でもこの人形はシリーズで沢山作りたいから

いずれはそんなライト付きボックスをセットにして完成させたいです。











石膏型制作が一通り終わり、

今は黙々とモデリングキャストを流し入れています。

連続して型抜きしていたため石膏の水分量が増えて

3通り目位から抜きにくくなってきたような気がします。。。

初めての作業なので上手い事進んではいないのですが

最後まで粘って、出来ればデザフェスに5体出したい所存。


3体はなんとか確保出来そうです。



関係ない写真ですが前作の馬のアップなど

cameran_image.jpg




作業風景。部屋が散乱してます。

0f58e2e9.jpeg



絶対黒髪のオカッパ1体作りたい

b53c2d22.jpeg




 
| 前のページ | top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
プロフィール
HN:
蕾-tsubomi-
性別:
女性
自己紹介:
人形制作をライフワークにしていきたいと思い立ち、
遅ばせながら独学で人形制作をはじめ、
2011年秋からDOLL SPACE PYGMALIONへ通い始めました。

イラストや写真も好きなので、寄り道しながら
のらりくらりと続けて行こうと思っております。
Twitter
flickr
www.flickr.com
ozandalice's items Go to ozandalice's photostream
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny