忍者ブログ
Cirque du chat
独学で始めた球体関節人形の制作日記等 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






めずらしく月1以上ブログを書いている!

昨日から少年人形用の眼を作っています。

猫の兄弟をイメージしているので

瞳孔が縦の猫目を用意しなきゃなんですが、

売っているには売っている。

まず試しに猫の剥製用の義眼を入手。

グラスアイ専門の方が猫目を作っていらっしゃるのも

先日初めて行ったドールショーで見かけました。



しかし今作のテーマ「猫の兄弟」の一番重要な部分。

購入した物に頼っていいものか??


そう、猫と申しましても、耳やしっぽがあるわけでなく

イメージの話でして、テーマを伝えるのに瞳だけで表そうと

案を練っていたものですから、やはり自作で行くべき。



なかなかヘタクソな出来ですが愛着は湧きます。

ガラス半球の光の屈折?感や

手描きの眼とガラスの間に入った空気が出す反射部分が

粗悪な作りながらも単純に美しいだけではない

【眼差し】を演出してくれます。








半球って下の絵が膨張するので、実際より

だいぶ小さく描かなきゃなんです。

で、一生懸命いっぱい描いちゃうと意外にきれいじゃない。


何回か自作アイはチャレンジしていますが、まだまだ研究して

オリジナリティを極めたいです。


PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
目 
ガラス半球はどこで手に入るのですか。
2015.11.04 18:37 Posted by 無 | Edit
無題 
ラインストーン屋さんから通販していましたが今は製造中止になってしまったので入手できないようです。
2015.11.04 18:47 Posted by 蕾 | Edit
無題 
そうなのですか…残念です…でもありがとうございます、とてもきれいです いつまでもながめていたい
2015.11.04 19:04 Posted by 無 | Edit
無題 
ありがとうございます!
2015.11.04 19:06 Posted by 蕾 | Edit
プロフィール
HN:
蕾-tsubomi-
性別:
女性
自己紹介:
人形制作をライフワークにしていきたいと思い立ち、
遅ばせながら独学で人形制作をはじめ、
2011年秋からDOLL SPACE PYGMALIONへ通い始めました。

イラストや写真も好きなので、寄り道しながら
のらりくらりと続けて行こうと思っております。
Twitter
flickr
www.flickr.com
ozandalice's items Go to ozandalice's photostream
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]
  /  Photo by MIZUTAMA  /  Design by Lenny